078-736-3387
午前 / 9:00~12:30(土曜は13:00まで) 午後 / 16:00~19:30
 休診日・・・木曜午後、土曜午後・日曜・祝日

〒654-0055 兵庫県神戸市須磨区須磨浦通4-7-11 2F

神戸市須磨区 耳鼻咽喉科 にしむら耳鼻咽喉科

はな・のどの病気

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

鼻の症状から考えられる病気

急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)

急性副鼻腔炎
【症状】
悪臭のある膿性鼻水や鼻づまり。頬や鼻のつけ根、歯、前頭部などに痛みを感じる。
【詳細】
急性副鼻腔炎は、鼻腔の周囲にある副鼻腔に急性の炎症が起こった状態です。
ほとんどの場合、かぜによる鼻腔粘膜の炎症が原因です。まれに虫歯や外傷からの細菌感染が原因となることもあります。
完全に治さないと慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に移行して、場合によっては手術の必要も出てきます。
抗生物質や消炎鎮痛剤、消炎酵素剤を内服して、早期に治療することが大切です。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)(まんせいふくびくうえん)

【症状】
粘液性の鼻汁、膿のような鼻汁、鼻づまり、頭重感、嗅覚障害、後鼻漏(鼻汁が喉にまわること)。頬などに痛みを感じることもある。
【詳細】
副鼻腔が慢性的に炎症を起こしている状態が慢性副鼻腔炎です。空洞に膿がたまるため「蓄膿症」ともいいます。
  • 右・鼻腔

  • 左・鼻腔

  • 急性副鼻腔炎が治りきらずに慢性化したものですが、慢性化する原因は定かではありませんが、体質や鼻腔内の形態異常などが考えられます。炎症によって、浮腫状に腫れた粘膜が鼻腔内に突出する「鼻茸(はなたけ)」(鼻ポリープ)が伴うこともあります。

  • 鼻茸

昔に比較すると患者数は減少しています。マクロライドという種類のお薬の少量長期投与が治療の主流です。薬物で効果が見られない場合は、手術が考慮されます。近年、内視鏡下鼻内副鼻腔手術により、痛みも少なく安全に手術できます。

アレルギー性鼻炎

【症状】
くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
【詳細】
鼻腔粘膜が、ある物質に対してアレルギー反応を起こして、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状があらわれます。アレルギーを起こす物質(アレルゲン)には、花粉、ほこり、ダニ、カビ、ペットの毛、ふけなどがあります。特定の花粉によって引き起こされるアレルギー性鼻炎(花粉症)は、その花粉が飛ぶ季節にしか起こりませんが、ほこり、ダニ、ペットの毛などが原因の場合は、一年中鼻炎の症状が続きます。アレルギーの原因となっている物質を特定し、その物質を除去することが大切です。鼻づまりが特にひどい場合は手術が考慮されます。
  • アレルギー性鼻炎

  • 軽快

花粉症

【症状】
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、嗅覚異常などの鼻の症状のほか、目のかゆみや涙が出るなどの目の症状がみられる。耳、喉、皮膚のかゆみ、頭痛、せき、微熱、だるさなどが伴うこともある。
【詳細】
人体にとって異物である“花粉”が引き起こすアレルギーを花粉症といい、現在では日本人の10人に1~2人が花粉症と推定されています。
アレルギー反応を起こす花粉は様々です。もっとも患者が多いのはスギ。他に、ヒノキ、カモガヤなどのイネ科雑草(5~7月)、ブタクサなどのキク科雑草(8月末~10月)などがあります。

好発年齢は10~40歳代が中心ですが、近年低年齢化しています。遺伝的にIgE(免疫グロブリンE)抗体というたんぱく質を作りやすい人が花粉症になりやすいと考えられています。
近年、花粉が飛び出す2~3週間前(症状が出る前)からお薬を服用する“初期治療”がすすめられています。

鼻腔異物

鼻腔異物
【詳細】
小さなお子様は、ビーズなど小さな物を鼻の中に入れることがあります。

鼻腔腫瘍

鼻腔腫瘍
【症状】
鼻づまり、鼻出血
【詳細】
写真は長年鼻づまりで耳鼻科に通院していた患者様ですが、改善せず当院を受診され、良性腫瘍が発見されました。

喉の症状から考えられる病気

急性咽頭炎、急性扁桃炎(きゅうせいいんとうえん、きゅうせいへんとうえん)

急性扁桃炎
【症状】
のどの痛み、発熱
【詳細】
急性咽頭炎とは、俗にいう「喉かぜ」です。
咽頭全体が炎症を起こしている状態で、ほとんどの場合、かぜを引き起こすウイルスや細菌に感染したことが原因です。
急性扁桃炎は扁桃腺に細菌やウイルスが感染して、扁桃腺に腫れ膿がつくこともあります。
抗生物質や消炎鎮痛剤やうがい薬で、治療を行います。

急性声門下喉頭炎(仮性クループ)(きゅうせいせいもんかこうとうえん)

【症状】
夜間に突然起こる、犬がほえるように聞こえる咳。のどや胸がゼーゼーと鳴る、息を吸うときに苦しく感じる。
【詳細】
急性声門下喉頭炎は、小児に多くみられる気道疾患の1つです。ウイルスや細菌などの感染により起きる急性喉頭炎で、特に声帯の直下の声門下腔の粘膜が腫れます。アレルギーにより生じることもあります。
かつてはジフテリアによる真性クループと、仮性クループを区別していましたが、ジフテリアによるものが最近ではほとんどみられないので、単にクループと呼ぶこともあります。
呼吸困難が強い場合は、入院して薬剤の吸入、酸素吸入、抗生物質やステロイド剤の点滴をします。

声帯ポリープ・声帯結節(せいたいけっせつ)・ポリープ様声帯

【症状】
かぜもひいていないのに声がかすれたり、高い声が出にくくなる。
【詳細】
長時間の発声や大声などによる声帯の使いすぎ、またタバコやお酒などの刺激によって喉にある声帯が傷つくと、声帯の一部が限局的に腫れたり(ポリープ)、一部に出っぱりができたり(結節)、全体的に腫れたり(ポリープ様声帯)します。歌手、アナウンサー、幼稚園の先生、教師など声を使う職業に多くみられます。
なるべく発声せず、声帯を安静にするのが重要です。これらはいずれも「炎症性」のもので、「腫瘍」ではありませんが、がんができる(喉頭がん)こともあるので、声がれが続く場合は一度耳鼻咽喉科を受診しましょう。
  • 声帯ポリープ

  • 声帯結節

  • ポリープ様声帯

  •  
  • 喉頭がん

  • 喉頭がん

アフタ性口内炎(あふたせいこうないえん)

【症状】
口の中にアフタと呼ばれる潰瘍ができる。食べ物が触れると強い痛みを感じる。
【詳細】
口内炎の中でもっとも多いのがアフタ性口内炎です。唇の内側や舌、喉など口腔粘膜に円形または楕円形の小さな潰瘍(アフタ)が1つないし複数できる病気です。中心部が灰白色で少しくぼみがあり、外側が赤いのが特徴です。
原因はウイルス感染、食物アレルギー、ホルモン異常、ストレス、ビタミン欠乏、免疫異常など諸説ありますが、はっきりとはわかっていません。
1週間から2週間で消退しますが、繰り返しかかる人がいます(再発性アフタ)。
難病の1つであるベーチェット病の初期症状としてあらわれることもあるので、再発を繰り返したり、他にからだの異変がある場合には、必ず医師の診察を受けることが必要です。
ページの先端に戻る