078-736-3387
午前 / 9:00~12:30(土曜は13:00まで) 午後 / 16:00~19:30
 休診日・・・木曜午後、土曜午後・日曜・祝日

〒654-0055 兵庫県神戸市須磨区須磨浦通4-7-11 2F

神戸市須磨区 耳鼻咽喉科 にしむら耳鼻咽喉科

みみの病気

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

耳の症状から考えられる病気

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)

【症状】
突然の耳の痛み、耳閉感、難聴、場合により耳だれ。
【詳細】
急性中耳炎は、細菌が鼻から中耳に入り込み、急性炎症を起こした状態です。
多くはかぜをひいたときなどに、細菌が耳管(耳と鼻の奥をつなぐ管)から入り込んで感染します。炎症が起きると、中耳の粘膜に腫れ膿がたまり、場合により鼓膜を破って膿が排出(耳だれ)されます。抗生物質で治療します。近年、耐性菌が増え、難治化する症例が増えており、鼓膜切開が必要となる場合もありますが、お子様が恐怖心を抱くことが多いので、当院では有無をいわさず切開するようなことはしません。
  • 急性中耳炎

  • 治癒

しん出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

【症状】
耳閉感、難聴、注意力低下。
【詳細】
しん出性中耳炎とは、中耳に滲出液(しんしゅつえき)がたまって耳閉感や軽度難聴が出現します。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎で鼻水が出たり、アデノイドが大きかったり、その付近に炎症が起こった場合、耳管の機能が低下してしん出性中耳炎が起こります。
  • しん出性中耳炎

  • 治癒

急性中耳炎に引き続きなる場合もあります。

  • 急性中耳炎

  • しん出性中耳炎

  • 治癒

初期には気づきにくく、子どもの場合はとくに発見されにくいのですが、テレビの音を必要以上に大きくする、呼んでも返事をしないなどの症状がみられる場合には、一度耳鼻科での検査を行ったほうがよいでしょう。中耳貯留液がなかなかひかず、切開が必要となる場合があります。

  • しん出性中耳炎

  • 切開して、貯留液消失

繰り返し罹患(りかん)する場合は、鼓膜換気チューブ留置術が必要な場合もあります。

  • 鼓膜換気チューブ留置

  •  
  •  

メニエール病

【症状】
めまいを反復する。(時々だったり、頻繁に起こったり)めまいが起こるとき、特に耳閉感、難聴、耳鳴りを感じることが多い。
【詳細】
メニエール病は、内耳の障害によって起こる病気です。
内リンパ液が何らかの原因で増加し、内リンパ水腫が起こると、めまいや難聴、耳閉感、耳鳴りが起こります。
発作を繰り返すうちに、めまいが治まっても耳鳴りと難聴が続く場合もあります。
低~中音域の聴力低下が多いので、難聴というより耳閉感のみ感じる場合もあります。
青年期、壮年期によく見られます。根治的治療法がないため、症状を緩和するなどの薬物療法が中心です。

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)

【症状】
突然、片側の耳の聞こえが悪くなる。耳鳴りや耳がつまった感じがする。場合によりめまい、吐き気を伴うこともある。
【詳細】
突発性難聴とは、ある朝目ざめたら突然片方の耳が聞こえなくなっていたというように、突発的に発症する感音性の難聴です。年代では20~50歳代の働きざかりの人に多い疾患です。
原因は不明ですが、ウイルス感染、疲労、精神的ストレスなどが引き金となり、内耳(耳の奥にある音を感じる部位)の血流が悪化し、発症すると考えられています。
突発性難聴は早期治療が大切です。発症から10日以上が経過すると、聴力が回復しにくくなるといわれています。治療は薬剤療法が中心で、数日~10日間程点滴等をします。

耳垢栓塞(じこうせんそく)

耳垢栓塞
【症状】
耳がつまった感じ、耳の中がゴロゴロする。
【詳細】
耳垢がたくさんたまり、外耳道を塞いだ状態を耳垢栓塞といいます。
耳垢とは、皮脂腺や耳垢腺からの分泌物、外耳道からはがれた古い皮膚、外部からのほこりなどが混ざったものです。
普通耳垢は自然に排出されますが、体質的にたまりやすい人の場合、知らぬ間に耳垢が外耳道に充満してしまうことがあります。耳鼻咽喉科で吸引や耳用鉗子(かんし)などで除去する処置が必要です。

外耳炎(がいじえん)

【症状】
耳の痛み。耳たぶを引っ張ったり、耳の孔の周囲を押したり、物をかんだりすると、痛みが強くなる。
【詳細】
耳かきや爪などで傷ついた外耳道の皮フから細菌が感染し、炎症を起こします。
外耳道の入り口に近い毛穴などに細菌が感染し、化膿した状態になる限局性外耳炎(耳せつともいう)、外耳道全体に炎症が広がるびまん性外耳炎の2種類があります。びまん性外耳炎の原因には、細菌感染のほか湿疹、染毛剤によるかぶれ、慢性中耳炎での耳漏などがあります。
外耳道を洗浄、消毒して、抗生物質やぬり薬での治療を行います。

外耳道異物

外耳道異物
【症状】
耳の異物感、動くと耳の中でガサガサと音がする。
【詳細】
髪の毛が入り、先端が鼓膜に当たると、体動のたびにガサガサします。夏場は小さな虫が入ることもあります。小さな子どもはビーズなど小さな物を耳に入れることがあります。いずれも摘出除去します。
ページの先端に戻る