078-736-3387
午前 / 9:00~12:30(土曜は13:00まで) 午後 / 16:00~19:30
 休診日・・・木曜午後、土曜午後・日曜・祝日

〒654-0055 兵庫県神戸市須磨区須磨浦通4-7-11 2F

神戸市須磨区 耳鼻咽喉科 にしむら耳鼻咽喉科

こんな病気も耳鼻科で

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

こんな病気も耳鼻科で

耳鼻咽喉科=首から上の専門医

「耳鼻咽喉科=首から上の専門医」という考えのもと、かぜや花粉症はもちろん、顔面の腫れやめまい、味覚障害、顔面神経麻痺、補聴器相談など、様々なケースに対応いたします。

かぜ

鼻水が多いと「鼻かぜ」、喉が痛いと「喉かぜ」、夏場では「夏かぜ」と漠然とした言い方をされる場合が多いです。

例えば

  • 普通感冒なのかインフルエンザなのか
  • 鼻水が多いときは、急性鼻炎なのか副鼻腔炎なのかアレルギー性鼻炎なのか
  • 喉が痛いときは、急性扁桃炎なのか急性咽頭側索炎(きゅうせいいんとうそくさくえん)なのか扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)なのか急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)なのか
  • 夏場では、ヘルパンギーナなのか手足口病なのかプール熱なのか

これらに対して、耳鼻咽喉科医は、適格な診断をし、適切な治療ができる上気道炎のスペシャリストといえます。

長びくせき

かぜの後、せきだけがしつこく続く、かぜもひいていないのにせきが続く、せきがひどく夜も眠れない等でお困りのことはありませんか?

  • 気管支喘息・・・ヒューヒュー、ぜいぜいする。ステロイド吸入、気管支拡張剤。
  • 咳喘息・・・気管支拡張剤は有効だが、ぜいぜいしない。ステロイド吸入。30%は気管支喘息へ移行。
  • アトピー咳嗽(がいそう)・・・抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、ステロイド吸入。
  • 慢性副鼻腔炎による後鼻漏(こうびろう)・・・マクロライド系抗生剤少量長期投与。
  • 副鼻腔気管支症候群・・・マクロライド系抗生剤少量長期投与。
  • マイコプラズマ・・・以前と異なり、散発的に発生。マクロライド系テトラサイクリング系抗生剤。
  • 百日咳・・・近年若い世代に増加。マクロライド系、ペニシリン系抗生剤。
  • 胃食道逆流症・・・胃酸を抑える薬(PPI)
  • 血圧の薬の副作用(ACE阻害剤)
  • 心因性

上記疾患なども考慮して、治療いたします。

  • 肺結核
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 気管支拡張症
  • 肺がん
  • 間質性肺炎

これらを疑うときは、呼吸器内科を紹介させていただきます。

めまい

めまいはどこで診てもらったらいいかわかりますか?
内科、脳外科、眼科を受診する患者様が多いですが、総合病院ではたいてい耳鼻科に回されます。

  • 自分自身がグルグル回っている感じ
  • 頭を動かすとふらふらする
  • 足がしっかり地についていないようなふわふわした感じがする

【場合により以下の症状が伴います】

  • 難聴
  • 耳鳴り
  • 耳の閉塞感

このような症状を感じたらまずはご相談下さい。頭蓋内病変(中枢性のめまい)の有無の精査にMRIを受けてもらうこともあります。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは、顔の表情を作る筋肉である表情筋の運動や、味覚・涙腺などを支配する顔面神経が何らかの原因で障害されることにより引き起こされる病気です。

顔面神経麻痺の原因は脳梗塞や、脳内出血、脳腫瘍、脳炎、耳の手術、ウイルス、栄養血管障害、寒冷刺激、免疫異常、外傷など様々ですが、原因が定かでない特発性のもの(通称「ベル麻痺」)がもっとも多いです。頭蓋内病変を疑う場合は、MRIなどを受けてもらうこともあります。

通常、数日~10日程点滴治療をします。治療が遅れると回復しにくいと言われています。
まぶたが閉じにくい、口が動きにくく口から食事がこぼれるなど、顔の異変に気づいたら、すぐ耳鼻咽喉科を受診しましょう。

ページの先端に戻る